福岡県福岡市にあるテニススクール・クリーンビレッジテニスクラブのテニス新着レポートです

テニス新着レポート

新着レポート

2013年08月31日

あなたの人生に 豊かさ をもたらす偉人の言葉

おはようございます。

今日は 桑田真澄さん のお言葉です。

指導者、親、教師、組織の上に立つ方に当てはまる言葉です。

日本中、何百というチームを見てきたけど、子供達を怒鳴り散らしている指導者ばかり。

怒鳴らないと理解してもらえないほど、私には指導力がないんですと、周りに言っているようなもんだよね。

そんなことも、わからないのかね?

恥ずかしいというか、あまりにもひどすぎるよね。

そりゃぁ、叱らなければいけない時もあるよ。

でも、試合中、練習中、最初から最後まで怒鳴ることないよね。

その情熱は素晴らしいと思うんだけど、方向が間違っているよね。

それだけ情熱があるのなら、もっと勉強して知識を身につけるべきだよね。

もっと怖いのは知識はあるけど、その知識を間違って使っている指導者だよね。

どちらのタイプの指導者にも他人の大切な子供を預かっているのだから最低限の知識を身につけ、知識があるのであれば正しい方向に

使ってほしいよね。

このことを声を大にしてお願いしたいし、そろそろ「気がついて」ほしいね。

自分に甘く、そして優しく

子供達に厳しい指導者はいらないですよ。

タバコを吸いながらミーティングをするのは止めてくださいよ。

練習中にタバコすら我慢できない弱い人に何が指導できるんですか?

昼食にビールなどアルコールを飲んで練習するのは良くないですよ。

夜まで、アルコールを我慢できない 自分に甘い人が子供達に何を指導するんですか?

不思議ですよね?子供達を指導する前に誰かに指導してもらってください。

桑田真澄

野球だけでなく、親や教師、組織の上に立つ人にも当てはまると思います。

教えの立場に当たる人が、自分の欲を我慢できなかったり、感情を他人にぶつけるようでは、いけません。

自分にもそういうところがないか考えさせられます。

このような、言葉を知る、聞く、読むことで自分に向けて・・今後に非常に刺激を受けます。

それぞれの考え方があるとは思いますが・・やはり年長者、経験者、実績を重ねた選手、のご意見は貴重です。

プロを引退された選手の方の中には、その後、大学院に進学しスポーツ指導者の鏡になられる方が多いと思います。

やはり、選手としての実績に勉強を積まれた方のお言葉は重く、経験と知識の両方からの観点で見れるところが素晴らしいと思います。