福岡県福岡市にあるテニススクール・クリーンビレッジテニスクラブのテニス新着レポートです

テニス新着レポート

新着レポート

2018年01月10日

テニスで本当に学ぶべき事

こんばんは。
今日はユキが降っていて、寒い1日でした。
皆様、風邪をひかないようにされてください。
今日は、テニスというスポーツを通して学ぶべき事
テニスを行う目的は様々だと思います。
健康目的、勝敗目的、出会い目的
テニスを行う事が出来ればラケット一本で国を超えてたくさんの人たちと出会い、仲間ができるスポーツだと思っています。
ただ、このスポーツは人間性も見えやすい。
試合に負けた後の態度、行動はその人が見えます。
人としての勝敗は、そこに現れていると思っています。
私のお世話になった大学は日本一になりました。当時、私はレギュラーで出れませんでしたが、関東一部リーグを優勝、全国王座決定戦も圧倒的優勝でした。周りからはすごくいいように見えたかもしれませんが、中身は・・・
人間関係の難しさを感じたのと、テニスの勝敗と、社会的勝敗は比例せず、もはや反比例する事も多い。
私が何を言いたいかというと、テニスは個人で自分に向かうスポーツ、だから、自己管理など学ぶ事がたくさんある反面、周りを見えない人も多い。
周りをサポートできる 団体戦などを経験すれば、助け合う気持ち、周りを思いやる気持ちもわかると思っています。
確かに、トップに行く選手は自分を持っていて、少し変わっている気がします。
協調性もそこに備わればセカンドキャリアも上手くいきます。
一つをやり遂げればっていう言葉は私は違うと思っていて、クラブのジュニアのほとんどテニス➕勉強や他の事を両立していて、私は感心しています。
テニスで学んでいる子は、他の事もできるし、それを実際に行動している。
今からの時代は一つにかけるんじゃない。
一生懸命に何かに取り組むことで自分と見つめ合う事ができる。
スポーツは頭を使い、考えることにより、色々な方法が見つかり自分で自分に気づく事ができる。
他の事にもいい影響をもたらし、人生が豊かになる。
私は、経験して自分が確信した3つの事
をコーチやジュニアに自然にしています。

未熟な人間ですが、テニスに関わった歴と経験だけは少しはあると思っています。

情熱を持てって言われた事ありますか?
私はずっと情熱を、情熱をって周りにも、自分にも言い続けてきました。
情熱は人から言われて持てるもんじゃない。
情熱は自分が感じて覚悟して、集中しないとうまれない。
だから、情熱を持つためにテニスを一生懸命に取り組んで欲しいと思っています。
きっと困った時にテニスが自分を助けてくれますよ!

長いブログを読んでいただきありがとうございます

iPhoneから送信