福岡県福岡市にあるテニススクール・クリーンビレッジテニスクラブのテニス新着レポートです

テニス新着レポート

新着レポート

2018年07月13日

九州ジュニア in宮崎

image1.jpeg

こんばんは。
木曜日早朝に九州大会を見に行きました。
引率というより、私も勉強をするために・・
クリーンからは5名7種目に選手が出場しました。
まず、初日の12歳女子
水口選手は接戦
めちゃくちゃ暑い中、苦しい場面の連続・
しかし、彼女は諦めず、出来る事をしっかり行なってました。
周りの方から、この試合はお互いセーフティーで見ていて気持ちいいって言われていました。
一番の褒め言葉ですね。
結果7-5.6-4
ベスト16でした。
ダブルスは2回戦を6-1.6-2で勝ち
ベスト8で明日試合があります
ペアとは楽しそうに過ごしているから大丈夫
頑張ってください。

14歳女子
田重田選手
3-62-5からハイパフォーマンスで5-5に追いつき、諦めない姿勢がみれました。
彼女には、優しさを強さに変えられれば、更に厳しい場面で出来る選手になると期待しています。
ベスト32
ダブルスは2回戦を0-67-610-6で勝ち
ベスト8で明日試合があります。
頑張ってください

12歳男子
山口選手
初めての九州大会
まだ、テニス歴は浅く、他の選手みたいに幼少期からテニスをしてきてないんですが・・
彼の心の強さは本物
諦めない、気持ちを表現する
強豪選手に食らいつきました
2-65-7
ベスト32

14歳男子
今村選手
彼は、試合の2日前に肩を痛め、サーブが打てる状況ではない中、試合に出場しました。
勝ち負けより、彼の気持ちを評価したいと感じますが、出場辞退をさせるのも私の仕事
試合は4-65-7
ベスト32
サーブを打てない中、出来る事はすべて出し切ったみたいですが、試合後のアイシングやクーリングダウンなどの身体に対する意識の低さに選手としての資質を上げる為の経験があったと思います。私は試合の前日に病院を進めたのですが、彼のメンタル的決断で行かなかったみたいです。
その決断を尊重しつつ、未来の彼のために辞退させるのも私の判断ミスだったかな・・と反省しています。
16歳以下男子
山口選手
彼は最後の九州大会・
慶應義塾に進学してナンバー1になり、関東から戻ってきての試合、関東大会では全国トップ選手から勝利したり、活躍が九州に行き渡りギャラリーがたくさんいました。
初戦
6-0.6-1
そして今日
6-24-66-2
ベスト8で明日準々決勝
3時間越えの試合をものにしました。
暑い暑い中、お互い死力を尽くしていました。
6-2、2-1で順調に戦っていましたが、エラーが増え、自分で自分を苦しめ、相手のパフォーマンスを上げてしまった事は本人も反省していました。
試合後にクーリングダウンをしながら、話を聞きましたが、彼の修正力はハンパないから大丈夫!

体調と怪我をしないように・・

明日も自分らしく悔いがないように・・

たくさんの皆様、久々に出会えて嬉しかった!
あれー珍しい笑笑
って
珍獣みたいに扱っていただき感謝します笑笑
次は、また、いるやんって言われるように頑張ります!
また、よろしくお願いしますiPhoneから送信